第12回『花守りの会』2018.10.27

花苗植え付け

2018年10月27日、第12回花守りの会が野と花のゾーンにて開催されました。

今回の花守りの会では、来年の『第36回全国都市緑化信州フェア』(信州花フェスタ2019)に向けて、フェア期間中に花を咲かせる花苗の植え付けを

展望台下シバザクラ花壇北側園路沿いにある新規3花壇にて行いました。

作業では、ガーデンデザイナーの越洋子先生のご指導の下、事前に付けた花壇のすじに沿って全体のバランスを見ながら、「イブキジャコウソウ」「宿根ガザニア」「サルビア・ネモローサ」など計6種類の花苗を一つ一つ丁寧に植え付けていきました。

今回はいつも参加して下さる会員の方々・企業の方々に加えて、公園再整備の工事を行っている方々もご参加下さいました。

1花壇全長約70mある花壇に花苗を植え付ける大変な作業となりましたが、多くの皆様のお陰で3花壇のうち2花壇の花苗を植え付けることが出来ました。

来年の春、今回植え付けたこちらの花壇で色とりどりの花が咲くのが楽しみです。

ご参加下さった皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

IMG_5278.jpgIMG_3416.jpgIMG_5288.jpg

花守りの会についてはこちら → 【花のボランティアページ】

一覧に戻る

ページ上部へ